190810 ナナ かな

午前中
ハマ氏(50歳よく喋る・タバコ・気功で彼女を潮吹きさせることができる(嘘))より彼女(45歳小柄、過去に借金を返してもらったことがありハマ氏に付き合っている。セックスは嫌いではないが潮はわざと吹いている。理由は「そうすると男が早く満足するから。」気功も聞いたふりをしている。理由は「そうすると男が満足するから。」)を輪姦しようというお誘いがある。
あまり気乗りのするメンバーではなかったが、暇なので行こうかと思った。
が、場所を何度聞いても回答がない。

私「日暮里駅でいいですか?」
ハマ「もう出ましたか?」
私「はい。集合は日暮里駅でいいですか?」
ハマ「今どこですか?」

思い出した。こういう系だった。これ以上のやり取りは不要。
めんどくさくなって新橋のピンサロへ。


15:00

ナナが対応。
ぽっちゃりむっちり。
横になって乳首を舐めさせながらオナニー。
アヘおほよがっていると大爆笑。これはこれで興奮する。

「キモい」
「汚いから射精しないでくださいね」
「変態」

と言わせてなお興奮。

「今彼女が他の男とセックスしている」
「本当にヤベーやつだ><」
「彼女には挿入させてもらえないんだよ。」
「そんなんで興奮するの?満足するの?」
「するする」
「ヤベーガチもんだ。」
「引いた?」
「マジで引いた。そして楽しい。今日は整理でダメだけど次回は顔面騎乗でクンニして。」
「おかのした」

40分のプレイタイム終了。
心のこもった意味ありげなメッセージカードを貰った。

17:00
彼女のかなとデート
11時から16時まで31歳とホテルにいたそうだ。

「チンポ舐めた?」
「舐めたよ」
「ペニス挿入した?」
「したよ。akiより気持ちよかったよ。」
「あ・・あ・・・」(勃起)

ウィンドウショッピングと寿司

帰宅
帰りはツァラトゥストラを読みながら電車に乗った。

コメント

非公開コメント